黙祷

2011年3月11日午後2時46分に起きた
東北東日本大震災。

あの日東村山市役所のいきいきぷらざ2階にいて、とてつもない揺れに慄き、なにが起きたのかわからなかった。

市役所庁舎内のすべての市民、職員、議員が市役所外に避難し、指揮を渡部市長がとっていた。

当時6才、4才、2才の子どもたちの保育園、幼稚園や、自宅にいる存命時の71才の母や、日本橋で勤務する夫に電話をしても、全く繋がらない。

あちこち掛けても繋がらない。

不安は増し、せめて市役所外で垣間見える知り合いの職員さん、議員さんがいたことが、少しだけ心強かった。

揺れが少し収まりいきいきプラザで、テレビ中継をみんなで見た。

とてつもない地震の被害、津波…

どうなるのか、全く想像もできなかった。

夕方過ぎにやっと幼稚園、保育園に電話がつながった。慌てないでお母さん、来てくださいね。

わたしたちが大事なお子さんを守ってますから。

その言葉に号泣した。

自宅や夫には繋がらないけれど、とにかく子どもたちを迎えに行き、先生たちといた子どもの姿に、安堵して、涙が出てきた。

なんとか自宅に帰ると、母が怖かったね〜と言った。陸前高田市生まれ育ちの母。

テレビで映る故郷があまりに変わっていくのが、、言葉もない。

陸前高田、大船渡、八戸の親戚との連絡もなかなか取れない。

やっとつき、無事を確認し。

夫は日本橋から15時間かけて歩いて帰宅できた。

家族でいられることのたいせつさを感じた。

震災後すぐには駆けつけることができなかったが、行けるようになり、陸前高田、大船渡に行った。

本当に、津波で、何もかも流されてしまったことに…深い驚きと悲しみと喪失で…どう思えばいいのかわからなかった。

幼少時からの記憶にある陸前高田市も、元々いなかの風情で、カエルやスズムシ、セミがうるさいくらいに鳴き、昔は豚や牛を飼っている家も多くあり。

そして、さらに田舎町の小友町は、在来線で、一ノ関から2、3時間もかかる町でしたが、その在来線の線路は、津波でことごとくつぶれ、真っ二つに割れたり、丸く歪曲したり、跡形もなかったり、、、。

復旧の青写真を国や陸前高田市が描いてくれないと、市民たちは、動きようもない。

青写真がないことには、復旧がますます遅れるだけ。

そう、親戚や地元の方々は語り。その方々も、市が手立てを打てずにいて周りの家々の壊れた門扉や、墓石の立て直しを、ボランティアで率先して行っていた。

ポツンといまはなき駅の標識を見て、なんとも言えず、、、。

復旧がまず、先。復興は、その後だ。

そう語る地元の人の声を、私は色んな所で伝えていこう。

深くそう思った。

東日本大震災 と原子力発電所事故から13年。

お亡くなりになった方々に深い哀悼の誠をささげ
被害に遭われたすべての方に改めてお見舞いを申し上げます。

震災で犠牲になられた方々への哀悼の気持ちを午後2時46分に黙祷。

震災から13年を考える

関連記事

  1. 夏休みの児童クラブでの昼食の提供を!

  2. 吉田はるみさん、阿佐ヶ谷駅南口でマイク🎤おさめ

  3. 東村山市議会議員 かみまち弓子

    立憲民主党の新しいポスターを貼り替えています

  4. 東村山市総合計画審議会が開催されました

  5. 東村山市議会議員 かみまち弓子

    阿佐ヶ谷駅で吉田はるみさんを応援!

  6. いよいよ参議院選挙がスタート❗️

  1. 2024.04.12

    4月13日土曜日13時より報告会を開催します❣️

  2. 2024.04.09

    🌸🌸小学校入学式🌸🌸

  3. 2024.03.28

    ハンセン病問題を知る

  4. 2024.03.23

    立憲民主党東京都連大会に参加

  5. 2024.03.14

    東村山市議会の予算特別委員会に臨む

  1. 2024.01.14

    令和6年初春 12月議会&活動レポート

  2. 2023.12.25

    ”枝野幸男” と “自治体議員”のXmasミーティング

  3. 2023.12.02

    東村山の中学校が8年度から全員給食に!

  4. 2023.11.15

    岡山県総社市の片岡聡一市長が渡部尚市長を訪問❗️

  5. 2022.09.16

    都立高スピーキングテスト ESATJは中止を

かみまち弓子公式 twitter

かみまち弓子公式 facebook