東村山市議会6月議会一般質問!

2023616日金午後に東村山市議会で一般質問させていただきました。

1 学校は子どもたちの「命」と「居場所」を守れるか

(1)不登校ひきこもり小中学生の学びの保障と心理ケアについ

(2)安心安全に学校に通い帰宅できる見守りシステム導入へ

(3)給食時間は十分と言えるのか

2 災害時避難所での性犯罪防止対策の充実を

22番 立憲民主党 

かみまち弓子 一般質問

1 学校現場はこどもの「生命」と「居場所」を守るべき  

田中 教育部長

 1-1 市内小中学生の不登校児童数 2022年度末 小学校132名 中学校242名

   不登校児童数が増えているが、他自治体では二桁%の伸び率であるが、東村山市は

   そこまでは増えていない。増えているから、不登校児童の支援、未然防止の視点から

   増えないように東村山市役所として継続活動する。   

 1-2 保護者の相談支援体制

   スクールカウンセラーや学級担任や教育指導により児童自らの相談からも含めて相談

体制を支援、保護者の相談支援を充実化。

不登校ってどういうことの講演会をやって、保護者とともに不登校について検討してる

 1-3 相談支援員の研修状況

   令和5年 こども基本法より相談員の研修や教育で充実化

 

  1-4 不登校児童への支援体制

    発達障害、通期による指導。不登校児童に対する支援 平成27年以降スクールワーカー

    を配置して、児童支援。 社会的自立を確立できるように。

    未然防止、早期対応で 不登校児童の支援体制を確立している。

  1-5 「まなびの広場」概要説明

   一部の学校で使っている名称で、教育委員会が名称していることではない。

   学校に登校できるが、クラスに入れない児童に対して別場所の教室を設けて教育を受講

   徐々に学校生活できるように、教育現場は努力し、不登校児童が解消できるよう対応。

    秋津小学校  校長からは非常に助かるとのことで好評。

  1-7 相談支援者

      人数: 7時間 週1日 会計年度アルバイト社員 中学校7校 小学校1校 13名

      資格  教育免許 7名 そのほか資格 4名

  1-8 「希望学級」概要説明

   特別学級と共に受講することが出来る。

   けやき教育や希望学級は 発達障害の児童である。

   特別支援教室

   時間的な制約はあるか、個々の児童の都合で異なる。

 1-10・11学校現場以外の居場所取り組み

    並行して利用することは出来る。

    令和4年度 学校に入れない居場所づくりをつくっている学校は6校。

小学校5校 化成、秋津、青葉、久米川、北山、  久米川東

     中学校1校 第二中学                 第八中学

 合計6校プラス3校、 読書や相談で居場所をつくり対応。

    初期相談は窓口開設や家族会などは時期を考えて、今後検討 立ち上がる予定

     江戸川区や文京区を参考に 初期相談の範囲はどこまでかは詳細検討して設置予定。

  1-13 教育長見解

    不登校対応は増加率は東京都比較して 抑えられているが、不登校児童数は増えている。

    2022年度 378名が年間で30日以上の欠席。 2023年度54名の児童が復帰した。

    不安・無気力の状況を見極め、児童に寄り添って払拭する施策を実行、家庭との連携重要

    今後、不登校児童には心のケア回復を努め、学習レベルを上げ学校復帰できるよう努力。

    義務教育9年間で、学習指導要領で社会的適用を進めることが大前提だが、不登校児童

     は集団行動での経験は積むことが出来ず、教育委員会としては懸念がある。

 

 2-1 防犯見守りシステム会社OTTA 見守りシステム詳細概要

   株式会社OTTA より安全に児童が通学、見守りスポットで配備したICチケットで保護者

   がその追跡できるようにした。株式会社OTTAと個別契約でリアルタイム通過で保護者

   追記できるようになり、児童の安心安全がより充実化したシステムを利用可能となった。

 2-2 防犯見守りシステム会社OTTA 見守りシステム導入経緯

   通学路の合同点検により、より見守り箇所を再点検してICTを活用した手法で保護者の

   安心させたサービスを提供。

   同様なサービスを導入している府中市を参考に、東村山市も同じようにOTTA契約締結

 2-3 市内小学2校 モデル校選定

   選定理由、学区域を同じところでOTTAからより効率的に実験見守りも出来る。

   秋津エリアを選定。 保護者の意見を取り入れながら、今後は市内全エリアに展開予定。

   市内全域は今年9月頃に2校選定を開始。参考で、府中市は導入5年後で全エリア展開。

2-5 高齢者見守り 導入予定

   OTTA先進自治体で高齢者も見守りを実施しており、東村山市も今後は高齢者も対象。

  3-1 給食時間

  準備や片づけの時間を含めて、配膳時間を含めて25分を現行設定。

  スクールランチについて、生徒保護者の調査では 食べる時間が短く食べきれない経緯有

3-2 ランチタイム

  令和4年度を検証して、令和5年度を設定した 25分現行。

3-3 5分延長

  各学校の裁量で決めることが出来るが、ほかのさまざまな活動関係で25分を決定化。

3-4 教育長見解

  給食時間は学級活動に位置付ける学校教育のひとつ。

  中学校の給食はスクールランチボックス形式 で 後片付けが短くて済むメリットがある。

  給食時間 午前の4時間目が移動教室であれば、時間がとられることが課題問題で、十分

  な時間確保が持てない。だから、時間割次第では、給食時間を延長するとあとあと影響が

  生じるが、ほかの学校は30分取っているが、準備と片づけを除くと 実質10分ぐらい。

  現状の25分は、教育長としては妥当だと判断。 昼休み時間は現行20分は確保したい。。

  学校教員の昼休み時間も検討しなければならず、25分からプラス5分は現状出来ない。

2 災害避難所での性犯罪防止対策の充実化  

河村 防災安全部長

 2-1 避難所連絡会 女性リーダー増員対策

   市内各学校 680人 女性割合276人 40.1%

  もっとも秋津小学校56.3% 久米川学校23.3%

 2-2 市内小中学校4校 避難所運営連絡 対象外理由

   開催時間を調達中。

 2-4 女性の避難所要因比率の増加対策

   令和5年度 22カ所  全115名配置 女性46名 40%

    割合多い 久米川東、富士見、秋津、50%  割合少ない 恩多、萩山、久米川、20%

   仮説テント 各箇所3個準備、 機会をとらえてトイレ設置訓練を予定 今後は全展開。

 2-5 災害時の避難所 性暴力防止策

   トイレ、入浴施設 は安全性が高いところを地域住民と学校へ相談して決定する。

   照明設置 は避難所となる学校へ配備はできないが、化成、恩多、秋津 東萩山、青葉ほか

 投光器6個。  ソーラーシステムランタン 60基ありさらに20基配備。

   各箇所80基のプライバシー板を配備。

   女性世帯のエリアの設定や要望はないので、検討外。今後は要望無くても検討していく。

   ポスター張りの掲示は 普段は学校に張り付けないが、避難所開設時は柔軟に掲示予定。

   性暴力に対しては、市役所としても地域全体で共有できるよう配慮、検討していく。

 2-6 副市長見解

   避難所運営に関しては、地域地区の皆さん共に活動していくので性犯罪防止は検討進行

    東日本大震災で女性として性暴力に対し、恐怖の思いをした避難市民の意見感想を取材

詳細は議会録画配信や議事録でまたUPされます。

関連記事

  1. 「核兵器廃絶と平和展」「サロンコンサート」「平和のつどい」を…

  2. 泉健太の代表質問

  3. いよいよ総選挙

  4. ꒰ ૢ❛ั◡❛ั ॢ✩꒱わたしのオススメ漫画

  5. 冬休みぐっどすぺーす開催します

  6. 泉健太立て

  1. 2024.04.12

    4月13日土曜日13時より報告会を開催します❣️

  2. 2024.04.09

    🌸🌸小学校入学式🌸🌸

  3. 2024.03.28

    ハンセン病問題を知る

  4. 2024.03.23

    立憲民主党東京都連大会に参加

  5. 2024.03.14

    東村山市議会の予算特別委員会に臨む

  1. 2024.01.14

    令和6年初春 12月議会&活動レポート

  2. 2023.12.25

    ”枝野幸男” と “自治体議員”のXmasミーティング

  3. 2023.12.02

    東村山の中学校が8年度から全員給食に!

  4. 2023.11.15

    岡山県総社市の片岡聡一市長が渡部尚市長を訪問❗️

  5. 2022.09.16

    都立高スピーキングテスト ESATJは中止を

かみまち弓子公式 twitter

かみまち弓子公式 facebook