政府が示した「安保三文書」の問題点について(声明)

政府が示した「安保三文書」の問題点について(声明)

2022年12月16日
立憲民主党 代表 泉健太

政府は本日、「国家安全保障戦略」をはじめとする「政府三文書」を取りまとめた。

しかし政府から一切の具体的説明も、国会での議論も、国民的合意もないままに、政府がこれまでの防衛政策を大きく転換させる「反撃能力の保有」「防衛費GDP比2%」を記載したことは、大きな問題であり、立憲民主党は容認できません。

 まず政府与党の反撃能力については以下の懸念を持っています。

(1) 政府見解では、「我が国に対する攻撃の着手」があれば、先制攻撃にあたらないとされているが、正確な着手判断は現実的には困難であり、先制攻撃とみなされるリスクが大きい。

(2) いわゆる存立危機事態において、我が国による相手国領域内への攻撃を否定していない。

(3) 「反撃能力の行使は、専守防衛の枠内」と述べているが、その態様が日米同盟の盾と矛の関係を変えるものであるならば、それは専守防衛を逸脱する可能性がある。我が国は、日米同盟の基本的役割分担を維持し、自衛隊の装備体系および運用は「必要最小限度」でなければならない。

以上のことから、立憲民主党は、自公合意に基づく政府三文書の「反撃能力」には賛同できません。

また立憲民主党は、「真に必要な予算を積み上げた結果としての防衛費の一定の増額」は有り得ると考えていますが、政府が示した、防衛費を5年間で43兆円、5年後にはGDP比2%の約11兆円に倍増させようとする方針は、積み上げになっていない「数字ありき」の額であり、合理性に欠けています。国会での説明も議論もなしに、このような大幅増を決め、しかも歳出改革の具体的プランも示さぬまま、復興特別所得税を含む「防衛増税」を行うのは論外です。

今回の政府三文書は、岸田総理自身が述べている通り「安保政策の大転換」であって、このような文書の決定に際しては、国民とその代表者たる国会への説明と論戦が絶対に必要です。立憲民主党は、我が国の防衛政策への国民の理解共感を誠実に得るためにも、また我が国の防衛政策を担う責任政党としても「外交安全保障戦略の方向性(仮称)」をまとめ、国会での議論をリードしていきます。

以上

関連記事

  1. かみゆみcafe開催しました!

  2. 「子ども給付金全額現金給付可能法案」を提出📌しました❗️

  3. 迷惑暴力行為撲滅キャンペーン に参加

  4. 選挙カーで回らせていただきました

  5. 東村山市議会議員 かみまち弓子

    花いっぱいプロジェクト 花壇の整備をしました

  6. 東村山稲門会第38回総会に参加

  1. 2024.05.14

    5月17日は議会報告会です

  2. 2024.05.12

    こども祭りと母の日

  3. 2024.05.11

    物流政策委員会の全体集会に参加しました

  4. 2024.05.10

    かみゆみ通信38号配布しています

  5. 2024.05.09

    グリーンバス、ぜひ使ってください

  1. 2024.01.14

    令和6年初春 12月議会&活動レポート

  2. 2023.12.25

    ”枝野幸男” と “自治体議員”のXmasミーティング

  3. 2023.12.02

    東村山の中学校が8年度から全員給食に!

  4. 2023.11.15

    岡山県総社市の片岡聡一市長が渡部尚市長を訪問❗️

  5. 2022.09.16

    都立高スピーキングテスト ESATJは中止を

かみまち弓子公式 twitter

かみまち弓子公式 facebook